階段昇降機にデメリットはある? | 階段昇降機・段差解消機の販売、レンタルならスマイルケア

階段昇降機・段差解消機の販売・レンタルならスマイルケア階段昇降機・段差解消機の販売・レンタルならスマイルケア

ブログ

階段昇降機にデメリットはある?

2021.04.14 Category:

ときどき、「階段昇降機 デメリット」という検索で当サイトにご訪問いただく場合があるようです。階段昇降機を設置することにデメリットがあるのか?という点について考えてみたいと思います。
 
メリット・デメリットとは、何に対して、何と比較してのメリットなのかという問題があるでしょう。
 
まずは階段昇降機を設置するか・しないか、という点で考えてみます。
 
階段昇降機のデメリット
 

階段昇降機を設置することのメリット

階段昇降機を設置しない場合に対して、設置することのメリットは、なんといっても以下に集約されます。
 

  • ・安全に、楽に、階段の昇り降りができる

 
上記のようなメリットがあることで、派生的に、
 

  • ・介助の必要がなくなる、負担が減る
  • ・事故のリスクが下がる

 
というメリットにつながります。
 
結果として、以前のように上階と下階の移動が気軽にできるようになり、便利になったことはもちろん、気持ちの面でも不安から解放され、明るく、前向きになれたと仰る方も少なくありません。
 
総じて、階段の昇り降りに困っておられる方や不安を感じておられる方が、階段昇降機の設置によって生活の質(QOL/クオリティ・オブ・ライフ)を取り戻せるのがメリットだといえるでしょう。
 

階段昇降機のデメリット

反対に、設置することで、設置しない場合に比べてのデメリットがあるとすれば、以下のようなことが挙げられます。
 

  • ・費用がかかる
  • ・階段昇降機を利用しないご家族にとって、階段の通行がしにくくなる場合がある
  • ・設置のために、階段に加工が必要

 
まずは費用面について。現在、階段昇降機は介護保険の対象ではないため、すべて自費負担となります。階段昇降機設置の費用は、製品の違いや、設置状況に違いによって幅はあるものの、購入すると、数十万~百万円以上かかる場合もあります。
 
購入ではなくレンタルの形にしたり、購入の場合は条件に当てはまれば助成金等を利用したりして抑えることもできますが、導入する以上、費用は生じてしまいます。
 
なお、電気代をご心配される方もまれにおられますが、階段昇降機の消費電力はわずかで、毎日使用しても、月あたり数十円しか変わりませんので、この点は、ご心配には及びません。
 
次に、ほかのご家族にとって、階段の利用がしにくくなるケースについて。階段幅が狭い場合や、もともとあった手すりを撤去しなければならない場合など、状況によってはそういう場合もあるかもしれません。
 
当社で設置させていただく場合は、できるだけ、ほかのご家族様の階段利用にも支障がないような設置方法をご提案させていただいています。この点は、ご相談やお見積りの段階で、設置業者とご家族様とで相談が必要でしょう。
 
最後に、階段昇降機を設置するためには、どうしても、階段にレールを固定するための施工が必要です。穴を開けて部品を固定しますので、昇降機を撤去したときに、その跡が残ってしまいます。
 
当社では、レンタル終了時などに撤去させていただく場合、できるだけの補修を行い、原状回復には努めています。
 

ホームエレベーターと比較した場合の、階段昇降機のメリット・デメリット

階段昇降機を設置するかどうかという観点で、そのメリット・デメリットをお伝えしました。
 
階段の昇り降りを安全に行いたいとき、階段昇降機以外に選択肢があるとすれば、それは「ホームエレベーター」でしょう。そこで、ホームエレベーターと比較して、階段昇降機のメリット・デメリットを考えてみます。
 
<ホームエレベーターと比べた場合の階段昇降機のメリット>

  • ・より安価に設置が可能、利用中のメンテナンス費用なども安い
  • ・ほとんどどんなご家庭(階段)でも設置できる
  • ・コンパクトで邪魔にならない
  • ・不要になったとき簡単に撤去できる

 
<ホームエレベーターと比べた場合の階段昇降機のデメリット>

  • ・車椅子で介助者と一緒に乗ることはできない

 
ホームエレベーターは、階段昇降機に比べると、かなり大掛かりな工事が必要です。住宅の構造部分にも影響するため、住まいによっては設置が不可能なことも少なくありません。通常は、新築の時点で設置するか、設置場所を想定して建築したほうがよく、後から設置するのは簡単ではないと言えるでしょう。
 
費用面から言っても、ホームエレベーターの製品そのものが階段昇降機に比べて高価ですし、大規模な工事が必要なぶん工事費用もかかります。設置後のメンテナンス費用も、階段昇降機より高めになってしまいます。
 
ホームエレベーターと比較した場合は、階段昇降機のほうが圧倒的に導入しやすいと言えそうです。
 

まとめ:階段昇降機のデメリットがご心配な場合

階段昇降機のデメリットに着目して、情報を整理しました。
 
どんなものにもメリットとデメリットはあるので、両者を比較して検討することが適切です。
 
階段昇降機にデメリットがないわけではないことは本記事でお伝えしたとおりですが、実際に階段昇降機を設置してメリットを感じておられる方は大勢おられます。
 
設置に迷われている方、うちの場合はどうだろう?などと疑問をお持ちの方は、ぜひ一度、当社にご相談ください。お気軽にご連絡をお待ちしております。