ブログBLOG

    車椅子を利用している人には大変便利な段差解消機

  • 2020.03.12 Category:
  • 段差解消機とは

     

    段差解消機とは、車いすを使っているような障がいのある方が、段差のある場所を通る際に利用する介助用リフトのことをいいます。ただしあくまでも、車いすに乗ったままの操作や移動が可能であるというものになります。その対称的なものとしては、車いすに乗ったまま階段の昇り降りが可能な階段昇降機というのが挙げられます。特に高齢化社会に伴って、バリアフリーが難しい場所などに設置されるケースがよくあります。ちなみにバリアフリーにしたりスロープにしたりといった方法も、近年高齢者宅ではよく行われています。その代わり、急なスロープにしてしまうと車いすでの昇り降りは大変です。

     

    例えば、スロープを降りる時には車いすが暴走してしまう可能性があります。一方、昇る際に自力では到底スロープを昇りきることができません。おまけに、緩やかなスロープにしようとした場合には、ある程度長いスペースを確保する必要があります。それでは、次に段差解消機のメリットやデメリットについてご紹介いたします。

     

    段差解消機のメリットについて

     

    まずはメリットについてですが、既に上述したようにリフトの面積だけのスペースさえ確保できれば、電動で車いすを持ち上げることができるので、スロープよりも比較的場所を取らないで済むというメリットが挙げられます。しかも中には、250kgまで耐えられるようなものもあるので、車いすを押して歩くような介護が必要な方も一緒に段差解消機を利用することができます。また、設置工事についても、一部の自治体などでは助成金が支給されたりしているので、そうした助成金の補助が受けられると予想以上に低コストで設置することが可能になっています。特に、自治体にもよりますが助成金制度が利用できると、スロープ工事をするよりも安上がりになるという可能性もあります。それに、それほど大掛かりな設置工事にもならないので、比較的短期間に設置することも可能になっています。

     

    メーカーによってはレンタル制度もあるので、すでにレンタル制度を利用しているという人もいます。近頃では、初期モデルに比べると随分と機械も進化を遂げています。初期モデルの場合には、機械本体の床面と地面との間に垂直方向の段差が生じてしまうことがよくありました。しかし、最新の機械になると、地面とのギャップを無くすようなブリッジ付きの機械もどんどんと導入されています。こうしたメリットについては、家の出入りだけではありません。何よりも、家から外出をして散歩したり、外の景色を眺めたりすることができるので、その分ストレス解消にも役立ちます。

     

    特に車いすでの生活というのは、精神的にストレスが溜まりやすくなるものです。あまりにもストレスが溜まってしまうと、家族に不満を言って困らせてしまったり、自暴自棄になって生命が危険にさらされてしまったりすることさえ想定されます。そういう意味では、段差解消機を利用することによって、少しでも精神的なストレスが解消されて幸福な生活を維持継続していくことが何よりも重要なことであるといえるでしょう。

     

    段差解消機のデメリットについて

     

    段差解消機は車いすでの生活を強いられる方にとっては、まさに救いの女神様のようなものです。ただし、その代わり一般家庭に設置しようとした場合、壁などに補強工事が必要となるケースもあります。もちろんその場合には、官公庁などへの届け出も必要になってきます。そうしたことから、一般家庭よりも公民館や公共施設・介護施設に設置されているというのが大半を占めています。ちなみに官公庁への届け出については、建築基準法によって建築確認申請をする必要があるのです。これは段差解消機に限らず、エレベーターを設置する場合も同様なのですが、自治体の担当者に来てもらって設備に問題がないかどうかという点や、法令違反をしていないかどうかといった確認をしてもらう必要があるのです。従って、万が一安全が確保されない場合には使用することができなくなります。ですから、そういった建築基準法に基づいた建築確認申請を知らないで勝手に設置してしまうと厄介なことになってしまいます。そういう面においても一般家庭への普及というのは、ごく一部のご家庭に設置されているに過ぎないというのが現状です。

     

    また、たとえ自治体からの助成金を利用したとしても、やはり最新機械でもあるので、ある程度の金額を見積もっておく必要もあります。そのため、あえて段差解消機を設置するということはせずに、介護者が介添えをしながら車いすでの段差の移動をしているというのが現状です。その上、段差解消機は電源を必要とする機械になります。ですから、停電などの際には、利用できなくなってしまいます。このような停電というのは、段差解消機だけの話ではありません。電動ベッドや電動マットレスなどの場合も同様です。そのため、停電に備えた非常用のバッテリーを備えた段差解消機の普及も必要とされています。

     

    簡単に段差解消機のご紹介をしましたが、すでに車いすを利用しているご家族の方だけでなく、いずれは訪れる高齢化社会のためにも、ご家族の誰でも気軽に利用できるようにしておくというのは大切なことです。

    有限会社スマイルケアの段差解消機をチェック

製品や試乗についてのお問い合わせ

フリーダイヤル
0120-783-502

受付時間
月〜土・祝日 09:00-18:00 (年末年始および日曜を除く)