ブログBLOG

    介護リフトは必需品!介護前に知っておきたい予備知識

  • 2020.03.11 Category:
  • 損しない機種選びのために!介護リフトの種類を知っておこう

     

    一般に介護リフトと呼ばれているものの中には、天井走行型と床走行型、それに浴室専用型があります。それぞれの特徴を解説します。

     

    天井走行型は用途が室内に限られ、上下左右に動くレールを天井に設置し、そのレール上でリフト本体を動かして本人の体を吊り上げるタイプになります。本人の体を包み込むネットはスリングシートと呼ばれ、初回のみ公費負担で、それ以降は自費による購入となります。リフトに相当な重量があるため本人にとっても安心感がある反面、天井固定式によることからリフトを設置している部屋でしか使用することができず、設置にあたっても念入りな現地調査と数日間の工事期間を要するというデメリットがあります。

     

    床走行はリフト本体が独立しているタイプで、キャスターがついているため、リフトが入るスペースが確保できる部屋であればどこでも使用することができます。ただし、可動式であるため天井走行型と比べて骨組みの耐久性が弱く、極端に体重の重いユーザーや、筋肉の緊張が強く不随意運動が激しいユーザーは落下の危険性があると言われています。居室ごとに天井走行型リフトを設置することが難しい介護施設や、立位訓練を行うリハビリ施設などでは床走行型が主流となっています。

     

    浴室専用型は天井走行型のようにリフト本体が取り付けられているわけではなく、左右に分かれた1本のアームとスリングシートによってユーザーの体を安定させる仕組みになっています。一見すると簡素なつくりのようですが、持ち上げる力は他のタイプと同等かそれ以上であり、安全性に何ら問題はありません。設置スペースが限られる一般家庭では、天井走行型が優先的な選択肢となりますが、広いスペースが確保できる一戸建てなどでは居室を移動できる床走行型も安定した需要があります。

     

    介護リフトを導入したい!まずは誰に相談すべき?

     

    介護リフトは福祉用具のカテゴリに入るため、実際の設置申請にあたっては、まず住んでいる地域の役所の窓口に申請書類を提出し、その後は設置の日程などについて業者とやりとりを繰り返すことになります。全国どの自治体でも申請プロセスは同じで、費用面での各種補助制度も整っているため、申請が許可されれば設置までは比較的スムーズに進むのが一般的ですが、多くの家庭で悩むのはそれ以前の段階であり、リフトの必要性は認識しつつも設置に踏み切れない、というパターンが現場でも珍しくないそうです。

     

    設置をためらう大きな理由として、相談すべき専門機関がわかりづらいということが挙げられます。特に家族内で介護を続けているようなケースではその傾向が強く、定期的なリハビリや訪問介護サービスを利用していないため専門機関とのパイプを作りづらく、極端な場合には担当のケアマネの名前すらもうろ覚えという家庭もあるようです。

     

    専門機関との連携が重要になるのは、リフトの設置時だけではありません。理学療法士や作業療法士、介護福祉士などの専門職と日頃から密に連絡を取っておけば、ちょっとした体調の変化からよりよい介護のコツまで、専門的な観点からアドバイスを受けることができます。介護される当事者だけでなく、周囲の家族の悩み事を聞くことで心理的ケアに繋げているホームヘルパーも最近では増えています。家族介護ではなかなか気づけない、例えば祖父母のささいな認知症の兆候などに気づき早期ケアを促すことも、外部の専門職に求められる大切な役割です。より長期的には医師によるアドバイスも重要です。

     

    介護リフトは介護者目線で後悔のない選択を!

     

    福祉用具というとユーザー目線での機種選びをイメージしがちです。もちろん、実際に使うのは介護される当事者自身なのですからその視点も極めて重要ですが、介護する側の視点もまた決して忘れてはならない要素として挙げられます。

     

    介護する側の視点とはすなわち、その福祉用具が日常でどのくらい使いやすいかということです。特に介護する側の操作スキルが求められる介護リフトでは、その観点からの評価がとても大切で、介護する側もされる側も両方にとって使いやすい機種がベストの選択肢となります。

     

    介護リフトを選ぶ際にまずチェックポイントとなるのが住居の状況です。家の間口や主にリフトを使用したい部屋の広さなどを勘案し、天井走行型と床走行型のどちらかを選ぶことになります。居室や寝室など、比較的狭い特定の部屋でのみ使用する場合は天井走行型、住居としてのスペースが広く複数の部屋をまたいで使いたい場合は床走行型が標準的な選択と言えます。どちらのタイプも設置可能でどうしても判断に迷う場合は、それぞれを一定期間ずつレンタルで試してから本格導入に踏み切る、というのも一つの合理的な判断です。福祉用具選びには介護者の目線も大切ですが、それは双方にとって使いやすいリフトを、ということであって、決して介護者の都合だけを一方的に押しつけてはいけません。

     

    例えば、手を添えて支えれば充分に歩ける機能が残っているにもかかわらず、毎日の介護時間がとれないというだけでリフト移乗に切り替えてしまうと、せっかく保たれている歩行機能が時間とともに失われていくことになります。これではあまりに本末転倒なので、介護リフト導入にあたっては必ずユーザーと介護する側で意見を一致させておくようにしましょう。

    有限会社スマイルケアの介護リフト

製品や試乗についてのお問い合わせ

フリーダイヤル
0120-783-502

受付時間
月〜土・祝日 09:00-18:00 (年末年始および日曜を除く)