コラムCOLUMN

階段昇降機には維持費も必要

階段昇降機について



高齢になると足が弱くなり、手すりを使っても、自宅の階段の昇り降りが辛くなってきます。高齢者がうっかり階段を踏み外してしまい骨折して入院すると、寝たきり状態になってしまったり、長期間入院することにより、認知症を発症してしまうこともあります。高齢の他にも足が不自由な人や、心臓の病気などで階段が負担になる人もいます。

一人での階段の使用が不安で、介助できる家族がいる場合でも、介助する側も高齢であったり、他の都合があるなどして、いつも手助けができるとは限りません。そのため、階段昇降機の設置を検討する家庭が増えてきています。階段昇降機とは、自宅の階段の壁にレールを設置し、このレールに沿って椅子が動き、階段の昇り降りを手助けしてくれるものです。最近はバリエーションも増え、階段の広さや曲がり方に応じて、自由にレーンを設置できるようになってきています。更に屋内用や屋外用もあるので、室内の移動と外出の両方の支援が必要な場合でも対処できます。

階段昇降機は椅子に座るなどの手間がかかる反面、工事の手間が少なく、導入費用を確実に抑えられるメリットがあります。しかし、機械である以上、パーツの劣化などは避けられず、どうしても維持費が発生してしまいます。バッテリーやギア、座席など、壊れると使えなくなるパーツも多いので、維持費を捻出できるかどうかは前もってチェックしておく必要があります。設置してからの維持費については、はっきりとした値段は分かりません。導入する機器によっても維持費は変動する上、日常的な使い方やお手入れの有無も製品寿命に関わってくるので、見積もりの際はどれだけ維持費がかかるのかも調べておきましょう。



日常的にかかる階段昇降機の維持費



階段昇降機を使えば、足腰が弱くなって動けなくなった高齢者の方も、気軽に階段の昇り降りが出来るようになります。導入費用こそかかりますが、外に出る機会が増えれば、それだけ身体を動かせるようになり、より健康的な生活を送れるようになります。最初のうちは導入費用がかかりますが、その後の維持費についてはどの程度かかるのでしょうか。

階段昇降機は人を乗せて階段の昇り降りを行ないます。普段の暮らしの中で階段の昇り降りが必要という方なら、毎日のように使うことになるでしょうが、そのたびに電気代が発生します。設備の大きさを見ると、電気代も相当かかりそうですが、日常的な階段昇降機の維持費はどれだけ発生するのでしょうか。

日常的にかかる費用に絞るなら、意外なほど維持費はかかりません。まず自宅で使う階段自体、それほど長い距離を移動するものではありませんし、運ぶ人も基本は一人で、状況次第で介護スタッフなどと二人で乗ることがあるくらいです。重量的にはそれほど大きな負担はかからないので、必要な電気もそれほど多くはありません。月々の負担は数百円程度に収められるでしょう。

日常的に支払う負担を考えると、定期的なお手入れでかかる費用が必要です。毎日使う介護用品はどうしても汚れが付きやすいので、気持ちよく使うためにも定期的にクリーニングはしておくべきです。機械部分も埃が溜まりやすく、動作の異常を引き起こす可能性が高いので、自分で手を付けられそうなところはこまめに掃除しましょう。自分で掃除をするなら、掃除用具以外の費用はかかりませんが、機械の中も綺麗にしたいときは、専門業者に依頼することになるので費用がかかります。



階段昇降機のメンテナンスと維持費



どんなに丈夫な階段昇降機でも、何年も続けて使い続ければ、修理費用が必要になるかもしれません。毎日のように階段昇降機を使い続けるという方なら、徐々にパーツは劣化していき、最終的には使用できない状況に追い込まれてしまうでしょう。

階段昇降機を定期的に使い続けるなら、メンテナンスは定期的に行なうべきです。たとえば移動の際に使われるレールは、汚れが溜まったり、椅子を動かすためのギアなどの油が不足すると動けなくなってしまいます。対策としては、毎日こまめにレールや階段周りを清掃し、油を差すのが確実ですが、個人レベルで行なえる掃除では対処できないこともあります。その場合は、導入を依頼した業者などに依頼して、隅から隅まで綺麗にしてもらえば、こちらが何もしなくても安心して階段昇降機を使い続けられます。

階段昇降機は導入してから時間が経つにつれて、スペックどおりの動きを行なえなくなってきます。経年劣化によるギアやレーンの異常も起こるかもしれませんし、運転に充電バッテリーを採用している機種だと、バッテリーの寿命が本体の寿命よりも短いことがほとんどです。急な運転停止はトラブルの元となるので、動くうちから事前にパーツ交換などのメンテナンスを行なっておくのが良いでしょう。メンテナンス方法は業者によっても異なりますが、初期不良には無料で対応してくれるなど、様々なサービスが用意されています。

階段昇降機は定期的なメンテナンスを行なうことで、より長い間使えるようになります。夫婦で使っている、屋内用と屋外用の違いなど、使用する環境によっても維持費は変わってくるので、導入前の見積もりから、どれだけ維持費が必要になるか、施工業者などともきちんと話しておいてください。

>>有限会社スマイルケアの階段昇降機費用について

次の記事へ

製品や試乗についてのお問い合わせ

075-951-2340

受付時間
月〜土・祝日 09:00-18:00 (年末年始および日曜を除く)