コラムCOLUMN

段差の移動には段差解消機|その種類と違いについて



段差を楽に移動できる段差解消機とは?



階段の上り下りや上がりかまちへの段差がつらい方、車椅子を利用している方がご家族にいるときには介助が必要になりますが、その介助が楽になる道具として段差解消機というものがあります。ここでは段差解消機の詳細についてと、その種類について紹介します。

介助のための設備や道具というとスロープを思い浮かべる方が多いですが、家にスロープなどを設置しようと思うとスロープを設置するための広い面積が必要になりますし、家をバリアフリーにしようと思うと多額の改修費が必要になります。段差解消機は省スペースでコンパクト、省コストで段差の上り下りを楽にするための道具です。

どのようなものかと言うと、昇降する面があり、そこに乗って足踏みペダルやハンドル、スイッチなどで操作をすると昇降面が動き、段差を楽に移動することができるというものです。車椅子ごと乗ることができますし、最大昇降荷重も180kg程度のものが多いので、介助者が一緒に乗って安全を確保することもできます。

昇降できる高さは数センチメートルのちょっとした段差向けのものから1メートル以上の段差を解消するものまで幅広く販売されています。また、オーダーメイドを行っているメーカーもあり、この場合昇降する高さ、昇降面の広さがオーダー可能です。それだけではなく、設置する場所の素材やタイルの色に合わせた作りにすることもでき、見た目にもスマートです。このような段差解消機にも様々な種類があります。種類とその違いについて知っておかなければ、設置した後に不満点が出てくることもありますのでよく調べておきたいものです。



段差解消機の種類にはどのようなものがあるのか



段差解消機には大きく分けてふたつの種類があります。電動式と手動式です。電気で動くものか手動で動かすものかという違いがありますが、この二種類の違いについて詳しく紹介します。

まず手動式のものですが、手動式はハンドルか足踏みペダルを使って動かすものです。自宅で使うのであれば手動式で十分と思われる方もいらっしゃいますが、ハンドルや足踏みペダルを操作するのは介助者となります。したがって、段差の上り下りがつらい方が1人で家にいるときには、段差解消機を使うことができなくなります。

それに対して電動式はスイッチで操作するタイプのもので、これは段差解消機を使用する本人が操作することができるものです。介助者がいないときにでも使うことができるというメリットがあり、普段車椅子を利用されている方でも使うことができるタイプのものとなります。

電動式のものであっても屋外での使用は可能となっており、操作スイッチも押すだけの簡単仕様で、押している間だけ作動するという安全性の高い設計になっています。さらに昇降面の下に障害物を検知すると自動的に止まる安全装置もついているので、体が不自由な方が使用しても安全です。

このように、手動式と電動式とではやはり電動式の方が1人で動ける範囲も広くなるのでおすすめです。ただし電動式の中でもさらに種類がわかれており、据置式、埋め込み式、テーブルスライド式などがあります。これらの違いを知っておくことが、最適な段差解消機を選択するためのポイントになります。



電動式段差解消機の3つの種類とその違いについて



まずは据置式段差解消機ですが、こちらはその名の通り床に置いて使用するタイプのものです。特徴としてはピット工事と言われる設置のための工事がないことです。使う場所を変える可能性があるという場合には据置式のものが便利です。

引越しをしたり撤去したりするときにも移動させるのが簡単です。デメリットとしては昇降面と乗り降りするための床や地面には多少の段差ができるため、車椅子を利用している際にはがたつきを感じるという点が挙げられます。

次に埋め込み式です。こちらは地面に段差解消機を埋め込んでしまうタイプのものですが、埋め込む際に前述したピット工事というものが必要になります。使う場所を変更したり撤去したりするときの大変さはありますが、床面と昇降面が同じ高さになるため乗り降りが楽というメリットがあります。車椅子を利用されている際にこちらはおすすめです。

テーブルスライド式は主に何段か階段が設置されている場所に使うものです。階段の角度に合わせて昇降面が左右にもスライドする作りとなっています。据置式と埋め込み式は上下にしか移動しないため、階段が数段ある場合には利用できなくなってしまいます。階段をどうしても撤去できないという場合にはテーブルスライド式を選択することになりますので、活躍の機会はあまりないでしょう。

電動式の段差解消機にもこのように様々な種類が存在します。完全なバリアフリーを目指したいのであれば埋め込み式、移動させる可能性があるのであれば据置式、階段が数段あるのであればテーブルスライド式など、利用頻度や使用するシーン、乗り降りのしやすさで選ぶことをおすすめします。

>>有限会社スマイルケアの段差解消機をチェック

次の記事へ

製品や試乗についてのお問い合わせ

075-951-2340

受付時間
月〜土・祝日 09:00-18:00 (年末年始および日曜を除く)