コラムCOLUMN

これから先の怪我のリスクを考えた車いすの階段昇降機

怪我の予防を考えた設備


年齢を重ねていくと、怪我をすると治るまでにとても時間がかかります。注意しているつもりであっても、怪我の大半は自宅の中で起きている事態を考えると、頭の痛い部分ともなってくるでしょう。その中でも、居室で起きることが最も多く、次いで階段で怪我をすることが多くなっています。居室での怪我には、多くの原因が隠れていますが、階段に関して言えばもっと単純です。足を踏み外してしまうと転倒することになりますので、自然と大きな怪我につながるでしょう。特に車いすを使っている場合には、階段は鬼門となってきます。昇降するためには、多くの問題を抱えてしまいますし、上階から車いすごと落ちてしまう場合も考えられます。非常に危険性の高い場所であることからも、階段昇降機を考えるのが有効な対策になってくるでしょう。
同じような設備にホームエレベーターがあります。特徴として、大型の設備になるところがあげられますが、それだけ荷物なども同時に輸送することができる設備です。車いすの場合には、サポートする人も乗ることができますし、もっと大きなものも運べます。しかし、その分だけ設備が大型化することになりますし、費用も掛かるところが問題点です。電気の力で動かすため、負担は小さくありません。建物としての課題を考えた場合には、補強が必要になることも出てきます。
階段昇降機には、こうした大掛かりな設備にする必要がありません。工事期間も短くできるのは、必要になる内容を抑えられるからです。壁面に専用のレールを設置する方法をとるため、壁面の強度さえ保てれば問題はありません。大掛かりではないことによって、費用負担も下げられますし、電気などのランニングコストの問題も軽くすることができるでしょう。

怪我をして後悔するよりも先に


階段昇降機は、なにもひとつのかたちではありません。車いすのまま昇降できるようなものもありますし、椅子に座るタイプもあるため、利用する人を考えて選択できるようになっています。まっすぐ座ることができるものもありますので、座り方の違いまで考えると、かなりのバリエーションがあります。どんな形状の階段になっているのかによっても選べるようになっており、ニーズに合わせた選択が可能です。踊り場がある場合でも問題はなく、それぞれの条件にあった施工ができるようになっています。色も考えられるようになっており、マッチしたものを選べるのも大きいでしょう。さらにデザイン性まで考えられるようになり、以前のかたちよりもはるかに進化を遂げてきました。
階段ということでは、なにも屋内だけで使っていくわけではありません。玄関まで階段を使わなければ到達できないご家庭もあるでしょう。そんな条件に合わせて、屋外仕様になっているものもあります。屋外仕様であれば、天候なども気にせず利用できるようになるため便利です。玄関先で車いすの移動に苦戦する状況を考えても、階段昇降機が設置してあれば、生活は一変していきます。
将来的な状況を考えても、設置しておけば不安は解消することもできるでしょう。安全はあとから後悔してもついては来ません。早め早めに手を打っていかなければ、怪我をしてしまうことも出てきます。大きな怪我で後悔するよりも、設置する方向を模索するほうが、建設的な選択となるでしょう。そのための手段がいろいろと用意もされているからです。

費用の負担を軽くするレンタルもある


階段昇降機は、決して安く済ませられる設備ではありません。エレベーターに比べれば、相当安く済ますことができますし、ランニングコストも下がるのは間違いありません。それでも費用負担の大きさは、だれもが迷ってしまうポイントでもあるでしょう。便利で確実、安全であるのは理解していても、そうそう手を出せないのも当然です。介護用の設備は、いろいろと便利なのがわかっていても、料金が高い点が設置が進まない理由の一つとなっています。そこで活用できるのがレンタルです。
レンタルする場合、階段昇降機が必要になったときに設置できるようになります。初期費用に関しても抑えられるようになるため、設置を前向きに考えられるようになる方法です。実際に試乗してみて考えるのもひとつですので、利便性がどこまであるのかを確認してから始められます。
初期費用を抑えられるのは、車いすで生活する人にとっても大きなメリットになってくるでしょう。レンタルですので、状況に合わせて適合するものを選べます。利用期間が短い場合には特にメリットが出てきますので、相談してみて考えてもいいでしょう。介護保険の適用外になってきますので、条件によっては購入するほうがメリットを生む場合もあります。
どんな方法をとるにしても、まずは専門家に相談してみる方法が確実です。見積もりや相談に関しては無料でおこなえるところがほとんどです。介護保険の適用を考える場合にも、専門家であれば適切な方法が出てきます。できるだけ費用を抑えても、生活環境を変えられる方法が出てきますので、試乗も含めて相談してみるのが大切です。

次の記事へ

製品や試乗についてのお問い合わせ

075-951-2340

受付時間
月〜土・祝日 09:00-18:00 (年末年始および日曜を除く)